イントロダクション-レオン
ニカラグア旅行の写真
イントロダクション


 国内第2の都市レオン。1851年まで、200年以上の間、ニカラグアの首都として、軍事、文化、宗教の中心地として栄えた。保守的なグラナダに対し、革新的なレオンともいわれ、内戦中にはゲリラとして世界に名を広めたサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)の本拠地でもある。
 市街の見どころとしては、中米最大の規模を誇るカテドラルや、1812年にニカラグアで初めて創設された大学などが有名だ。また、詩の巨匠と呼ばれるルベン・ダリオ生誕の地としても知られている。北から東に連なる火山の麓に広がる市街は、教会やコロニアル様式の涼しげな民家が並び、町全体には歴史の重みと風格が漂っている。 郊外にはレオン・ビエホと呼ばれる、火山の噴火によって廃墟となった植民都市の遺跡があり、世界遺跡にも登録されている。

ニカラグア旅行の写真



Copyright(C) 2009
ニカラグア一人旅TOP

イントロダクション-レオン