ラテン・アメリカ文学 〜モデルニスモ(2)〜-文化-これだけは知っておきたい!
ニカラグア旅行の写真
ラテン・アメリカ文学 〜モデルニスモ(2)〜


 モデルニスモ作家のほとんどが詩人であったが、同時にその多くが芸術的な散文作家でもあった。スペイン語の散文は、詩との接触を通じて刷新された。モデルニスモの運動の先駆者たちの中で、ペルーのマヌエル・ゴンサレス・プラダは、芸術的な実験者であると同時に、社会意識にめざめたエッセイストであった。初期の重要なモデルニスモ詩人には、キューバの愛国詩人マルティ、同じくキューバのフリアン・デル・カサル、メキシコのマヌエル・グティエレス・ナヘラ、それにコロンビアのホセ・アスンシオン・シルバがふくまれる。
 ニカラグアのダリオは、彼の2番目の大作「世俗の詠唱」(1896)でこのグループの指導者となった。運動の成熟期の世代には、アルゼンチンのレオポルド・ルゴネスやメキシコのエンリケ・ゴンサレス・マルティネスがふくまれ、彼らはモデルニスモがより内的なものにかわっていく転換期に位置している。



Copyright(C) 2009
ニカラグア一人旅TOP

ラテン・アメリカ文学 〜モデルニスモ(2)〜-これだけは知っておきたい!