ソモサ一族の支配-歴史-これだけは知っておきたい!
ニカラグア旅行の写真
ソモサ一族の支配


 その後4年間は、ソモサ一族の側近が大統領職にあったが、67年、ルイス・ソモサの弟ソモサ・デバイレが大統領に就任した。彼は軍部の支持をうけて独裁体制をしき、国家警備隊を利用して圧政をおこなった。
 1971年8月、議会は憲法を放棄し、みずから解散した。72年2月の制憲議会選挙では、ソモサ・デバイレの自由党が圧勝した。同年5月、彼は軍最高司令官の地位にしりぞき、自由党2名、保守党1名からなる三頭政治がはじまった。12月23日、首都マナグアが大地震におそわれ、約6000人が死亡、2万人が負傷する惨事となった。戒厳令が布告され、ソモサ・デバイレが実質的な大統領の地位に復帰し、74年、正式に大統領に再選された。



Copyright(C) 2009
ニカラグア一人旅TOP

ソモサ一族の支配-これだけは知っておきたい!