サンディニスタ政権-歴史-これだけは知っておきたい!
ニカラグア旅行の写真
サンディニスタ政権


 サンディニスタ政権は最高評議会を中心に国政運営にあたったが、深刻な経済的困難に直面し、経済活性化のためアメリカに援助をもとめた。しかしアメリカは左傾化するサンディニスタ政権に対する懸念を深め、エルサルバドルの反乱を扇動したとして同政権を非難し、1981年には援助をうち切り、反サンディニスタのゲリラ組織コントラへの支援を開始した。82年、サンディニスタ政権はソ連と援助協定を締結し、84年11月の選挙ではサンディニスタの大統領候補オルテガが大勝した。
 1985年10月、オルテガ大統領は1年間の非常事態宣言を発し、公民権を停止した。同年、アメリカ議会ではコントラへの軍事援助が否決され、その結果、援助は86年10月まで再開されなかった。
 しかし11月、援助停止期間中にアメリカがイランへひそかに武器を売却し、その代金をコントラへ横流ししていたとの報道がながれた。(→※イラン・コントラ事件)



Copyright(C) 2009
ニカラグア一人旅TOP

サンディニスタ政権-これだけは知っておきたい!