FSLNの再頭-歴史-これだけは知っておきたい!
ニカラグア旅行の写真
FSLNの再頭


 しかし、逮捕によって与党PLC内でアレマン派とボラニョス大統領の関係が悪化し、国会での政権基盤は大きく弱体化した。04年11月の地方選挙では約150の自治体のうち、首都マナグア市長をふくむ過半数を野党FSLNが制した。さらにPLCのアレマン支持派は05年1月、野党FSLNとともに大統領の閣僚任命権を制限する憲法の一部改正を国会で成立させるなど、政争は激化していったが、内政の安定をのぞむ米州機構やアメリカによる仲介がおこなわれた。06年4月には、ドミニカ共和国をふくむ米・中米自由貿易協定(DR-CAFTA)が発効した。



Copyright(C) 2009
ニカラグア一人旅TOP

FSLNの再頭-これだけは知っておきたい!