※バルトロメ・デ・ラスカサス 〜その生涯と功績(1)〜-教会を巡ってみよう-レオン
ニカラグア旅行の写真
※バルトロメ・デ・ラスカサス 〜その生涯と功績(1)〜


Bartolome de Las Casas 1484〜1566

 スペインの聖職者、歴史記録者。ヨーロッパ人征服者たちによるアメリカ先住民に対する抑圧や虐待を批判した最初の人物のひとりで、先住民の使徒として知られる。
 スペイン南部のセビーリャに生まれる。父はコロンブスの第2回航海(1493〜96)に参加した商人だった。スペインで法学をおさめたのち、1502年サントドミンゴ総督ニコラス・デ・オバンドの顧問として西インド諸島のイスパニョーラ島にむかった。12年、聖職者に叙任されるが、それまでの生活はほかの植民者たちと変わりはなかった。数回の遠征に対する報償としてエンコミエンダを受領し、裕福な生活をおくっていた。




Copyright(C) 2009
ニカラグア一人旅TOP

※バルトロメ・デ・ラスカサス 〜その生涯と功績(1)〜-レオン